P&I Nomura 第5回 グローバル・ペンション・シンポジウム

ここ数年すべての年金スポンサーは、変わり続ける市況の把握に努めながら、分散投資やリスクの前提条件を見直すという難しい作業を迫られてきました。この過程で最も重要となったのは、基金のアセットアロケーションを再検討し、基金の投資戦略が目的に適しているか否かを見極めることでした。投資環境の急激な変化が続き、伝統的資産からのリターンが低位にとどまる中、年金スポンサーには、リスク管理、リスクモニタリング、リスクバジェティングに十分な力を注ぎながらも、市場の変化に対応するための速やかな行動が求められています。

今年のグローバル・ペンション・シンポジウムでは、投資戦略の新たな策定手法を紹介します。また、議論の余地が残っているポートフォリオ理論や手法についても討議します。更に、年金投資に関する世界各国の専門的知見を活用し、問題をグローバルな視点から検討します。年金スポンサーのアセットアロケーション手法がポートフォリオレベル、資産クラスレベル、運用レベルのそれぞれでどのように変わりつつあるのかを考え、戦略的・戦術的アセットアロケーションを決定する際にはいかなる点を検討すべきなのかを取り上げるとともに、これらの過程がリスク管理やリスクモニタリングに関する意思決定とどのように連動しているのかも明らかにします。すべての年金基金が目指しているのは、年金負債に対応した運用を行い、基金加入者への退職給付を賄うことであり、その鍵を握るのがアセットアロケーションなのです。

開催概要

会期 2011年11月15日(火)、16日(水)
(受付開始 8:45)
会場 ザ・リッツ・カールトン東京 2F グランドボールルーム
主催 ペンションズ・アンド・インベストメンツ
メインスポンサー 野村證券株式会社
スポンサー バークレイズ・キャピタル・ファンド・ソリューションズ・ジャパン株式会社、ブラックロック・ジャパン株式会社、BNPパリバ インベストメント・パートナーズ株式会社、インベスコ投信投資顧問株式会社、K2アドバイザーズ・ジャパン株式会社、三菱地所株式会社/ロックフェラーグループインベストメントマネジメント社、野村アセットマネジメント株式会社、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社

両日とも昼食にお弁当をご用意しております。
また15日はシンポジウム後にレセプションがございますので、是非ご参加ください。

会場案内

ザ・リッツ・カールトン東京
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
Tel:03-3423-8000(代表)

電車でのアクセス
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線 六本木駅直結
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 徒歩3分

詳細はザ・リッツ・カールトン東京|地図およびホテルへのアクセスをご参照ください。

交通図

参加登録

参加対象 年金スポンサー(年金基金、企業の年金関連部門、公的年金・共済)
銀行・生損保の自己投資部門(信託銀行、投資顧問、証券会社を除く)
参加料 無料(事前登録要)
締切り 2011年11月10日(木)
定員 300名

登録方法

以下オンライン登録フォームにてお申込みください。

  • オンライン登録フォーム

問合わせ・申込み先

グローバル・ペンション・シンポジウム 事務局
株式会社サイマル・インターナショナル内
Tel : 03-3524-3134
Fax : 03-3524-3135
E-mail : pi-ns@simul.co.jp

Contact information

U.S. or overseas participants :
Helene deChappe, Pensions & Investments
Tel : +1-212-210-0765
E-mail : pi-registration@crain.com

免責事項

「第5回 グローバル・ペンション・シンポジウム」のセッションテーマ、講演およびパネルディスカッションの議題は「Pensions & Investments」紙もしくはその出版元であるCrain Communications, Inc.の見解や意見を表すものではありません。「Pensions & Investments」紙の記者・編集者は、当シンポジウムの議題の考案、執筆、プロデュースのいずれも行っておりません。また、当シンポジウムの参加登録に関して、Pensions & Investments は参加資格に合致しない申込みについて登録をお断りする権利を有します。