葉酸サプリ

【葉酸サプリおすすめ】口コミや成分で選んだ、絶対安心な葉酸サプリランキング

葉酸は「赤ちゃんのビタミン」と呼ばれるほど妊娠前、妊娠中の女性にとって重要な栄養素です。

赤ちゃんは受精卵から細胞分裂を繰り返して大きくなっていきますが、このときに大量に葉酸が必要となり、十分な量の葉酸を受胎前後にとることで、二分脊椎(せきつい)や無脳症などの神経管閉鎖障害の予防に役立つことが多くの研究で明らかになっています。

食事からとれる葉酸は体内での吸収率がそれほど高くないため、妊娠前から授乳期の女性は、食べ物だけでなく、葉酸サプリメントで葉酸を摂取すべきと厚生労働省も推奨しています。(参考:厚生労働省ホームページ

この記事では、妊活中の方や妊婦さんにおすすめの葉酸サプリや、葉酸サプリの選び方、葉酸の上手な摂取方法など詳しくご紹介します…!

葉酸サプリのおすすめランキング

  1. 妊娠前後に必要な葉酸や、栄養素をしっかり摂れるか
  2. 実際利用した方の口コミでも高評価か
  3. 続けやすい価格か
  4. 余計な添加物が無添加で、安全性が高いか
  5. 飲みやすさにも配慮しているか

という視点で選んだ、おすすめの葉酸サプリはこちらです!

第1位 ララ・リパブリック(Lara Republic)
配合成分や飲みやすさなど、総合的に見て一番おすすめなのが、こちらのララ・リパブリックです!

厚生労働省が摂取を推奨しているモノグルタミン型の葉酸400μgがしっかり配合されていて、さらに、野菜ミックスパウダーやビタミン、鉄分、ミネラルを配合して、妊娠前後に不足しがちな栄養素をばっちり摂ることができます。

野菜パウダーに使用している野菜はすべて国産で、産地にこだわって厳選したものが使われています。

鉄の栄養機能食品としての認可も受けていて、妊娠中に不足しがちな鉄分もしっかり摂ることができます。

サプリの粒は植物の繊維が原料のHPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)でコーティングして、葉酸や鉄分の特有の臭いを抑えた上、小さめに作られていて、飲みやすさにも配慮されているのが特徴です!

安全性が認められた工場でのみ製造していて、GMPマークや安心安全マークを取得しているなど、品質や安全性にこだわっていて安心です。

良質な成分が配合されているのに、お値段が良心的なのも嬉しいポイントです(*´∀`*)

内容量:42g(350mgx120粒)
価格:1本3,980円・定期購入だと2,980円(税込)

 

第2位 ママニック葉酸サプリ
これから赤ちゃんを産むママの健康な体作りをコンセプトにできているサプリメントです。

吸収率の高いモノグルタミン酸型葉酸400㎍をはじめ、各種ビタミン・鉄分・ミネラル・アミノ酸、国産野菜や乳酸菌・美容成分が含まれています。

こちらのサプリも妊娠中や出産後に不足しがちな栄養素がしっかり配合されているので、妊娠前だけでなく、妊娠中や授乳期にもおすすめです。

また、安全性についても力を入れていて、放射能試験や残留農薬試験をクリアした国内のGMP認定工場でのみ製造されていて、公益財団法人日本健康・栄養食品協会から「GMP製品マーク」、NPO法人日本サプリメント評議会から「安心安全マークプラス」の表示承認を受けています。

内容量:43g(350mg×124粒)
価格:1袋5,000円・定期購入だと3,500円

≫ママニック葉酸サプリの口コミへ

 

第3位 ベルタ葉酸サプリ
葉酸サプリで「売上」「満足度」「人気度」の3つの部門で1位を達成した、圧倒的人気no.1の葉酸サプリメントです。

モノグルタミン酸型の葉酸「酵母葉酸」を主成分にしているのが特徴で、これは葉酸を酵母に含有させることで葉酸を体内に長く滞在させられるようにして、吸収しやすくしたものです。

妊娠前後に必要な葉酸400μgを摂取できる他にも、「鉄分」「カルシウム」「21種類の野菜」「ビタミン、ミネラル27種類」「20種類のアミノ酸」と、妊娠前後の方に必要な栄養素が豊富に入っているのが特徴で、妊婦さんの強い味方の必携サプリです(^^)

香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防かび剤・膨張剤・苦味料・光沢剤全て無添加で、自然由来の原料のみで安全にもこだわって作られています。

利用者の口コミも抜群に多いサプリで、ベルタ葉酸を飲んで元気な赤ちゃんを産んでいる方がたくさんいるというのが、何よりも一番の安心材料だと思います(*^^*)

内容量:48.0g(400mg×120粒)
原産国:日本
価格:1本5,980円・定期便だと1本3,980円

 
≫ベルタ葉酸サプリの口コミへ
 

その他の葉酸サプリ

美的ヌーボプレミアム

満足度93%、リピート率88%、累計売上2000万包という非常に高い実績を持っているのがこちらです。
モンドセレクションで6連続金賞というのも光っています。

成分も100%天然由来成分というのも安心ですし、バランスよく栄養素が入っているのも好印象です。

特に体内でつくりだすのが難しいとされていDHA,EPAが含まれているのが心強いと評判です。

DHAはホルモンバランスを整える必須脂肪酸で、EPAは体全体を調整してくれる成分です。

とにかくホルモンバランスが崩れやすい妊娠の前後には重要な成分ですが、なかなか高価な成分ということもあって含まれているサプリはあまりありません。

こちらにはそれらが含まれていますのでかなり希少なサプリであるとも言えます。

内容量:1袋に30回分
価格:1袋8640円・毎月お届け便なら6912円

ヤマノ葉酸サプリ

天然由来の成分から葉酸をとるためにオーガニックレモンが使用されているのがヤマノ葉酸サプリです。

このサプリの特徴は「乳酸菌」と「食物繊維」が含まれていることです。

栄養素を摂りながら腸内環境を整えることができます。
妊娠中はにおいに敏感になるので薬のにおいが強いと飲みにくいことが多いのですが、こちらのサプリは飲み続けやすいようにパインフレーバーが使用されていますので、薬は苦手という人でも安心して飲めます。

もちろんこのパインフレーバーは人体に害のない成分でできています。

内容量:33g
価格:1袋3456円・定期便なら初回2700円、2回目以降3110円

はぐくみ葉酸

「安全性」「栄養価」「飲みやすさ」にこだわり、長い開発期間を経て完成したサプリメントです。

オーガニックレモンから摂れた葉酸は厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型の葉酸で、食事から摂る葉酸の2倍以上の吸収率を誇っています。

内容量:1袋90粒(1か月分)
価格:1袋6980円・毎月お届けコース初回1980円、2回目以降3980円

DHC葉酸サプリ

確かな効果と破格の値段で販売されているのがDHC葉酸サプリです。

他のメーカーと同様に葉酸400μgを含み、ビタミンなども追加されたもので、気軽に買って試してみたいときに最適です。

1日に1粒、それだけでほうれん草12株分の葉酸が摂取できるので、あまり時間がない人や何回も飲むのは面倒だという人でも続けていけます。

病院でもらうほど大げさなのはちょっと、という人も気軽に買えるお手軽さと値段が特徴と言えます。

内容量:4.5g 30粒
価格:1袋258円

ネイチャーメイド葉酸サプリ

こちらも様々なシリーズが販売されている大塚製薬のネイチャーメイドシリーズです。

薬局で手軽に買うことができる気軽さも人気のものとなっています。

色々と栄養素が含まれているわけではありませんが、お手軽に「葉酸」を摂取したいときなどに重宝します。

また、専門のサイトなどから注文しなくても薬局量販店で売っているのも購入しやすいと言えるでしょう。

内容量:150粒入り(75日分)
価格:1瓶680円

エレビット

エレビットは「医師推奨NO1」サプリです。
こちらはこれから妊娠するという女性、妊娠中の女性に特に効果があるとされています。

一般的な葉酸サプリは1日に必要な摂取量を意識して葉酸が400μg配合されていますが、エレビットはその倍の800μgの葉酸が配合されています。

この葉酸は妊娠しやすい体作り、妊娠中の赤ちゃんの発育に大きく力となってくれます。

もちろんビタミンやミネラルもバランスよく配合されていますので、高品質な栄養素を摂取できるサプリだと言えます。

ただ、800μgというのは逆に過剰摂取も心配になってくる数値なので、こちらを飲むときにはそれ以外で葉酸を摂りすぎないよう注意しましょう。

内容量:90粒(1か月分)
価格:1袋4500円、定期購入だと10%引きになります。

プレミンR

ゲンナイ製薬の葉酸サプリであるプレミンRシリーズは「妊活中~妊娠15週目まで」「妊娠16週目~出産まで」「出産後」の製品がそれぞれ用意されているのが大きな特徴です。

妊活中のものは「妊娠しやすい体作り」や妊娠初期段階の基本的な栄養素の補助をしてくれます。

妊娠中期から出産までのものは特に発育を重視しているため葉酸の含有量が多くなります。

出産後はホルモンバランスが乱れ、授乳にもエネルギーを使うためにそれらを補てんする成分が多く含まれています。

時期に合わせて必要な栄養素を摂れるようになっているのはいいですね。

内容量:124粒(31日分)
価格:1袋4580円、定期コースなら3580円

ディアナチュラ

こちらも薬局量販店などで気軽に購入できるシリーズになります。

葉酸480µgにサポート成分のビタミンB12、ビタミンC、鉄が配合されていてバランスがとれています。
もちろん妊娠・授乳中の女性でも利用することができます。

とにかく数が売れているシリーズのものですので安心感がありますし、破格の値段ということもあって気軽に試してみたい人におすすめできます。

内容量:20粒(20日分)
価格:1袋220円

ピジョン 葉酸プラス

「赤ちゃんグッズ大賞 葉酸サプリ部門」で1位になった商品です。

妊娠中の女性に必要な栄養素がバランスよく含まれており、これだけでかなりの栄養素を補てんできます。
また、飲みやすい小さめの粒や体内で吸収されやすい「タイムリリース加工」がされていることも特徴的です。

葉酸はもともと体内での吸収率が低いものですので、こうして吸収率をあげてくれるというのはありがたい工夫です。

内容量:15.4g 60粒(2ヶ月分)
価格:1922円

オーガニックレーベル葉酸

葉酸の他に質の良い野菜、マカ、ローヤルゼリー、高麗人参など様々な栄養素が配合されているサプリメントです。

特にローヤルゼリーや高麗人参のエキスは摂取する機会が少ない成分でもあります。

天然由来成分を主に使用する会社として有名ですので、天然由来にこだわりたい方に特におすすめの商品です。

内容量:60粒(1ヶ月分)
価格:1袋4400円、定期便なら3960円

葉酸サプリの選ぶポイント

数多くの種類が発売されている葉酸サプリですので、どれを選べばよいか悩んでしまうかもしれません。

そこでここでは葉酸サプリを選ぶポイントをいくつか紹介してきます。

葉酸の種類

葉酸サプリでもっとも重要になるのは葉酸の種類です。
「天然由来のもの」か「合成されたもの」かということ。
天然のものは「ポリグルタミン酸型」、合成のものは「モノグルタミン酸型」と呼ばれています。

食事性(ポリグルタミン酸型)の葉酸は腸内で分解されて、モノグルタミン酸型となって吸収されます。

もともとモノグルタミン酸型になっている葉酸はポリグルタミン酸型のものより体内での吸収率が2倍あり、厚労省で摂取が推奨されているのはモノグルタミン酸型の葉酸です。

サプリメントに配合されているのは基本、このモノグルタミン酸型の葉酸ですが、どういう葉酸が配合されているのは念のためチェックするようにしましょう。

葉酸以外の栄養素

葉酸サプリは葉酸以外にもミネラルやビタミンなどの栄養素を豊富に含んでいるものとシンプルに葉酸だけでできているものがあります。

一般的には高品質な栄養素が多く含まれていくほど価格が高くなる傾向がありますが、妊娠中には葉酸だけでなく、鉄やビタミンもしっかり摂るのがおすすめです。

ほかのサプリメントで摂る場合は葉酸のみのものを選んでも良いですが、1つのサプリメントでいろいろな他の栄養素も摂れるものが、たくさん飲むよりも楽ですし結果的に経済的かと思います…!

飲みやすさ

つわりの時期などは特に、サプリメントを飲むだけでも大変になりがちです。

つわりでサプリを飲むのもつらいという方は特に、臭いを抑えていたり、サプリの粒を小さくしたりという配慮がされているサプリメントを選ぶと良いと思います。

特におすすめなのはララ・リパブリックで、飲みやすさのための臭いや粒の大きさの工夫がこらされています。

着色料や保存料などが無添加のもの

赤ちゃんのためにも、必要でない添加物はなるべく摂りたくないものです。

例えばベルタ葉酸サプリは香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防かび剤・膨張剤・苦味料・光沢剤が無添加となっています。

品質基準

製造工場での品質チェック、放射能検査、菌検査など、安全性への配慮が厳しくされた製品を選ぶとよいです。

ベルタ葉酸サプリは、食品工場のGMP以上に基準が厳しい製造工場で、18項目以上のチェック工程を経て出荷されています。

価格と内容量

こういったサプリは1回飲んで終了というものではありません。

長期間飲み続けないと効果がでないものですので、その製品の価格や内容量は重要になってきます。

含まれている栄養素などと値段のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

葉酸はなぜ必要?

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB12とともに赤血球の生産にかかわっていて「造血ビタミン」と言われています。

また、代謝に関与しており、DNAやRNAなどの核酸やたんぱく質の生合成を促進し、細胞の生産や再生を助けます。

細胞の分裂や成熟を助けるので、特に胎児にとっては重要な栄養成分で、妊娠中に十分な葉酸を摂取することで、胎児の二分脊椎などの神経管閉鎖障害の予防になることが研究で明らかにされていて、妊娠前後の葉酸の摂取が推奨されています。

葉酸を多く含む食べ物

葉酸を多く含む食べ物は以下のものがあります。

食品名 目安量 分量(g) 葉酸(μg)
からし菜 1本 50 155
いちご 中5粒 75 68
みずかけ菜 60 144
パパイヤ(完熟) 1/2個 130 57
なば菜 2本 40 136
オレンジ(ネーブル) 中1個 130 44
ほうれん草 2株 60 126
夏みかん 大1個 160 40
グリーンアスパラガス 3本 60 114
しゅんぎく 3株 60 114
さつまいも 中1/2本 100 49
ブロッコリー 2房 50 105
たか菜 2株 50 90
ささげ(乾) 1/5カップ 30 90
日本かぼちゃ 4cm 角2切 60 48
大豆(乾) 1/5カップ 26 60
チンゲン菜 1株 70 46
そらまめ(乾) 1/5カップ 22 57
調製豆乳 1カップ 200 62
ぜんまい 5本 50 105
納豆 中1パック 50 60
わらび 5本 75 98
ふきのとう 2個 40 64
くり 大3個 60 44
カリフラワー 3房 60 56
大豆もやし 1カップ 60 51
鶏レバー※ 50 650
白菜 中葉1枚 80 49
牛レバー※ 50 500
くわい 大1個 30 42
豚レバー※ 50 405
パッションフルーツ(果汁) 1カップ 200 172
あまのり(焼) 1袋(5枚入) 2 38
アボカド 1/2個 100 84
マンゴー 1/2個 90 76

※各種レバーについてはビタミンA過剰の心配があるので注意

https://www.niph.go.jp/soshiki/shogai/yousan/tsuuchi/sankousiryou1/beppyou/beppyou.htmより

これらの食べ物に葉酸は多く含まれるのですが、食べ物からとれる食事性葉酸よりも、人工的に合成して作られたモノグルタミン酸型葉酸の方が吸収率が2倍良いことが明らかになっています。(食事性の葉酸は体内でモノグルタミン酸型葉酸に変換されて小腸で吸収されるので、はじめからモノグルタミン酸型の葉酸の方が効率よく吸収できるのです。)

このモノグルタミン酸型の葉酸はサプリメントに入っているものです。

そのため、葉酸が多く必要な妊娠前から授乳期の女性については、葉酸サプリメントでモノグルタミン酸型の葉酸を400μg(妊娠前〜前期の場合)摂ることが勧められているのです。

葉酸はどのくらい摂ればいいの?

「日本人の食事摂取基準」(2015年版)では、葉酸の1日の推奨摂取量は、成人240μg、妊婦480μg、授乳婦340μgとなっています。

葉酸サプリはいつからいつまで飲んだらいい?

胎児の神経系の正常発達のため、葉酸は妊娠直後から必要となり、諸外国では妊娠の可能性がある若い女性は葉酸サプリメントを摂取することが推奨されています。

参考: http://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c03/05.html

厚生労働省でも、妊娠前から妊娠前期までの女性が400μgのモノグルタミン酸型の葉酸を摂取することを推奨しており、その後の妊娠中や授乳期も上述のように通常より多くの葉酸が必要となるので、妊娠を考え始めた時から授乳期までは、赤ちゃんのためと、ママの体のために、葉酸サプリを飲んだ方が良いです。

海外では、妊娠中に限らず葉酸サプリメントでの摂取が勧められていて、パンやシリアル、パスタなどに葉酸を配合する栄養強化食品が政策主導で製造されているほどです。

葉酸は妊活に効果がある?

葉酸を摂ることで妊娠しやすくなるという効果はありません。ですが、上で書いたように、妊娠前から葉酸を摂ることは妊娠した時の赤ちゃんの正常な発育のために重要です。

そのため、妊活中の方はいつ妊娠しても良いように、葉酸サプリを今すぐから飲み始めておいて下さい。

 

ベルタ葉酸サプリの口コミへ